猫よ、君も見たか。

〜ニシガヤゲンイチ、かく語りき〜
昨日の続きですが。


10月1日より公開された新ブログ『クルシロ日記(仮)』。

いつまでも仮タイトルにしているのも何なんで、
今正式タイトル決めちゃいました。

新タイトルは!
●blog『ヒゲ擦り合うも多生の縁 〜クル吉シロ子の物語〜 』 
http://kurushiro.jugem.jp/

です。

『猫よ、君も見たか。』と合わせて、
今後とも宜しゅう。
にやご。

 
| 西ヶ谷源市/ニシガヤゲンイチ | ねこねこ | 00:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
本日公開。

クル吉(くるちん)

我が家には7歳になる愛猫「クル吉 ♂ キジシロ」がいるけれど、
なんと今月より新しい仲間が加わることになりました。
「シロ子 3歳 ♀ 三毛」です。


シロ子(しーちゃん)

それというものね、
高円寺稲生座マスターであるレイチェル氏が代表を務める、
ねこ救済・保護活動等を行う団体「高円寺ニャンダラーズ」より、
縁合ってウチに迎え入れることとなったのですよ。
しかし、それはあくまでも人間の都合。
もしもクル吉としーちゃんの相性が良くなかったら、誰も幸せになれない。
それでは迎え入れる意味がない。
という訳で約1ヶ月の “トライアル期間” といいますか、
“仮のお試し共同生活” が実は8月末より始まっていました。
そして当初の不安もなんのその、
本日ニャンダラーズよりの正式譲渡といいますか、無事 “家族” になりました。

そしてね、
この「1ヶ月のトライアル期間」を実はブログという形で記録していました。

●blog クルシロ日記 (仮)
http://kurushiro.jugem.jp/


今まで非公開だったんだけれども、晴れてこれより公開しちゃいます。
よかったらご覧あれ。

そしてそして、
トライアルが終わり、これによりブログは閉鎖する予定だったんだけれども、
『クルシロ日記(仮)』継続することにしました。
今決めました!
何だか楽しいので(笑)。

これもそれもあれも、
全ては縁(えん)なのです。
幸あれ。
 
| 西ヶ谷源市/ニシガヤゲンイチ | ねこねこ | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
赤いパンタロン


よくふるあめだな。
駅前では「あなたをだきしめたい」ってうたをうたっている女の人。
立ち止まる人なんか誰も居ないのに「話なんかできなくたっていい抱きしめたいダキシメタイ」って。
ほどなくして「あなたをさらって何処か遠くへ」ってうたに変わる。
信号が青に変わったのでぼくは駅を離れる。
ギターのジャカジャカと、
ハスキーなうた声は、
どこまでも響き渡っていた。

そして今は深夜。
うたっていた女の人の顔はもう思い出せないってのに、
赤いパンタロンと「だきしめたい」って言い回し(うたいまわし?)だけは、
ぼくの脳内に鮮明に残ってしまっていた。

眠れそうにないのでぬるいビールをあけた。
はやみそうにない。
 
| 西ヶ谷源市/ニシガヤゲンイチ | ねこねこ | 23:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
クレイジー ダイヤモンド


ピアノを弾いてた午後。
この季節の湿度は案外気持ち良いのかも、と思った午後。
ちょっと汗をかく季節。
頭から水をかぶりましょか、冷たいビールを飲みましょか。
少しくらいべたついたっていいじゃない。
そのくらいが丁度いい。

ブルースがあるかないか。

ブルースというジャンルの話をしているのではないんだけれど。
心にブルースが潜んでいるか。
ピアノだけでなく、
うたにもギターにも打楽器にも、
はたまたその人のたたずまいや生き様、話し方歩き方にも、
そこにブルースが染み込んでいるかどうか。
それ大事。
何か一緒に演るのに結構大事だったりする。
わかり難い表現だよね(苦笑)。
しかしこれでわかってくれた人もいた。
ありがとね。
わかり難いということは良くないことだと思ってます。
わかる奴にだけわかれば良いという考えは好きじゃない。
だかららもっと人にちゃんと伝わるような表現力を身に付けないと。
先ずは、
君の後ろでとっておきのピアノを弾くよ。
ポロロンポロロン。

ねこはどちらかというと寒いのより暑い方が得意なようだ。
2018年のこの夏に参っているのは人間ばかり。
この狂った温暖の世界を作った張本人が人間なのに。

 
| 西ヶ谷源市/ニシガヤゲンイチ | ねこねこ | 20:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
やれやれ


野良ねこも家ねこもどちらも変わりはないよね。
どちらもねこだもの。
血統書なんてねこにとっちゃただの紙くずだし。
トラも、キジ白も、ブチも、白黒も、三毛も、
みなねこであるというだけの同じねこ。
ねこ社会もそれなりにいろいろあるさ。
大変だと思うけれど、でもみな一所懸命に生きてます。ヒトと違って。
ああ死にたいと思うのはヒトだけなのかもしれないね。
ねこねこ。

何だかトムウェイツが聴きたくなった。
誰かうたってよ。
ぼくがピアノ弾こうじゃないの。

やれやれ、夜。

--------------------------------------------------

= 西ヶ谷源市 出演公演(予定) =
《2018年》
●4/15(日) アッコウ堂@高田馬場四谷天窓〜昼
●4/29(日祝) 甲田政彦、林口裕幸&西ヶ谷源市@下北沢Club251
●6/6(水) that' all folks group@新宿Motion

--------------------------------------------------
 
| 西ヶ谷源市/ニシガヤゲンイチ | ねこねこ | 21:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
あなたとわたし


風は冷たいが北へと向かう。
分かれ道に遭遇したのなら、最初に思いついた方の道へと踏み出す。
靴のひもがほどけたらなそこで小休止さ。
耳をすまし目を凝らして歩を進める。
鳥の声も風の匂いも感じる。
これでいいのだ。
次第に頭がさえて来る。
ああ間違っちゃいない、そう思える瞬間。
世界はきっと悪い事ばかりじゃないって。

 
| 西ヶ谷源市/ニシガヤゲンイチ | ねこねこ | 21:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
いかにゃ。


ひたすら歩いた。
やたら歩いた。
会うのはねこばかり。
人なんかには会いたくなかったから都合がいいのだが。

人は人の気持ちがよくわからない。だからよくぶつかる。
ねこは人の言葉なんてわからないけれど、人の気持ちはよくわかってくれる、
ような気がする。
多分きっとそう。



さてと、いかねば。
 
| 西ヶ谷源市/ニシガヤゲンイチ | ねこねこ | 22:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
やらにゃ


やりたいことは山ほどある。
しかしやらなきゃいけないことも山ほどある。
「やらなきゃならないことをやるだけさ、だからうまくいくんだよ」
そんなことわかってる!
 
| 西ヶ谷源市/ニシガヤゲンイチ | ねこねこ | 23:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
もしくはグッとくるかこないか。そういうことかも。


この世の中に、
どうしようもないくらい好きな人がいる。
そしてどうしても苦手な人もいる。
好き嫌いの違いってどこからくるのだろうか。
好きと嫌いの分かれ道はどこなんだろう。

ぼくが好きになる音楽家は「言葉の選び方」「音の選び方」が絶妙。
別に上手くしゃべれなくてもいいし、​綺麗な音でなくてもいいんだけれど、
そう “選び方” なんだ。
「お、ここでそんな音出すかぁ!」
そんな場面に遭遇したら、
ぼくはたまらなく惹かれてしまう。

ああ、人も音楽も同じなのかもしれない。

 
| 西ヶ谷源市/ニシガヤゲンイチ | ねこねこ | 10:18 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
それは少しだけ寂しい春。


駅に向かう時によく通る狭い路地がある。
それは人ひとりギリギリ擦れ違えるほどの狭さ。
長さは数十メートルくらいだろうか。
その狭く短い路地を抜け、
その先の郵便ポストのある十字路を突っ切る。
更にそこから二本目の角を右へ曲がると、
微かにねこの鳴き声がする。

そう、いつもそうなんだ。
「にゃお」って聴こえるんだ。

しかし耳をすましてじっとその鳴き声に集中すると途端にやんでしまう。
気のせいかな。
毎度そう思うのだが、
確かに通るたび猫の鳴き声が聴こえる。
どういうことなんだろう。
呼ばれている風でもなく、
何かを訴えている風でもない。
おかしな現象なんだけれど、不思議と気味悪くはない。

今日もその “猫鳴き場” を通ってみた。
何だか嫌な予感がした。
すると、あれ?今日は聴こえない。
ぼくは急に底知れぬ不安に襲われた。

何となくだけれども、
もうここでねこの鳴き声を聴くことはないんだろうなと思った。
直感的にそう感じた。
でもそうなんだ。

それは少しだけ寂しい春。
にゃお。

 
| 西ヶ谷源市/ニシガヤゲンイチ | ねこねこ | 20:54 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 天気予報
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE