猫よ、君も見たか。

〜ニシガヤゲンイチ、かく語りき〜
知りたいことは


見知らぬ街を歩いた。
迷い込んでしまったのだ。

知らないのだから思うままに路地に入り、
思うままにドアを開けることにした。
新しい街。
何もかも新鮮だという高揚感もあるが、
実は結構緊張していたのだよ。
決してそんな素振りは顔に出さなかったが。

しかし初めて会う人にはやはり少し勇気がいる。
「知らないのだから仕方がない」
ではなく、
「あなたのこと沢山知りたいのだ」
そういう心持ちで臨んでみたら、
無理にでもそう思うように臨んでみたら、
案外会話がはずんだ。
しかも後味は悪くなかった。

新しい街をそぞろ歩く。
今日も明日もこれからも。
 
| 西ヶ谷源市/ニシガヤゲンイチ | そぞろ歩き 〜 源市散策記 | 18:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
雨のそぼふる

(そぞろ歩き〜横浜市中区山下町)

ビニィル傘片手にひとり歩く中華街
街は何だかやさしい。
「横浜 光る街 雨が降る まるで 古い映画さ」
まったくそんな気分。
悪くない。
悪くない。
 

 

 

| 西ヶ谷源市/ニシガヤゲンイチ | そぞろ歩き 〜 源市散策記 | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
都会を少し離れて。


父の命日。
田舎に帰る。
帰省中は終日快晴。
どこまでも空気は澄み渡り、
富士の山が一度も雲に隠れることがなかった。
どこに行っても富士がついてきたのだ。

どんなに晴れていても富士の山だけ雲に覆われてしまうことが多いのに。
ああ、まったく不思議な感覚。

これからいいことばかり続けばいいと思ふ。
 

 

| 西ヶ谷源市/ニシガヤゲンイチ | そぞろ歩き 〜 源市散策記 | 21:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
ここからどこへ
(そぞろ歩き〜狛江市東和泉)

出来るだけ、
行きに通った道は、
帰りには通らない。

一度通過した道をなぞり戻って行くのは、
面白みが、


| 西ヶ谷源市/ニシガヤゲンイチ | そぞろ歩き 〜 源市散策記 | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
盆なんです
(そぞろ歩き〜静岡県伊豆市修善寺/沼津市原 千本浜)








田舎道を行く。

子供の時によく歩いた馴染みの道が、今になって見ると狭く小さくみえるのはなぜだろう。
子供の時何とも思わなかった景色に、大人になってから強く惹かれたのはなぜだろう。
昔と全然変わらない人、景色がある。
一方、変わってしまった物や人も居る。
いや、本当は誰も何も変わってなんかないのかもしれないね。
変わってしまったのはぼくの方。多分ね。



ああ、随分と月日は流れていったけれど、ぼくは「成長」しているんだろうか。
などと考えたり考えなかったっりしながら酔いにまかせて深く眠ったのであった。
盆の静かな宵に。


| 西ヶ谷源市/ニシガヤゲンイチ | そぞろ歩き 〜 源市散策記 | 23:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
取るに足らない




黄金週間とやらで繁華街は人で溢れているだろうと、
人の苦手なぼくは出来るだけ人の居ないところへ行くことにした。
人の居ないところ、少ないところ。
そういう場所でならば自分自身を保っていられるかといったらそういうもんではなく、
まるで緊張などしないのだろう、というわけでもないのだ。やはり。
どこに行ったって自身はそう変わらない。

どんな場所でも平常心とか、
どんな人の前でもいつも通りとか、
そんなのはぼくには無理。
それでもステージに立つのだ。
“表現者の端くれ” なぼくだけれども、
これからはなるべく好きな場所、好きな人、好きな音の在る場所に居ることにしよう。
可能な限り無理の無い場所に身を置く。
それでいい。
「捨てたもんじゃない」言われたら嬉し。

やれるかやれないか。やるかやらないか。人生はそれだけの事だ。

| 西ヶ谷源市/ニシガヤゲンイチ | そぞろ歩き 〜 源市散策記 | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
人の世は
(そぞろ歩き〜港区元赤坂)

寒風吹きすさぶ東京だ。
しかし空は澄み、風は乾き、光は淡く、
どこまでも晴れ渡っていた。

底なしの青い空には、
喜びや悲しみや怒りや嘆き、
そこで暮らす人々のあらゆる感情が、
きっと染み込んでいるに違いない。
そんな風に思えた。


とても寒かったけれど、
今日はどこまでも歩いていけるような気がしたよ。

| 西ヶ谷源市/ニシガヤゲンイチ | そぞろ歩き 〜 源市散策記 | 22:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
リトルシアター
(そぞろ歩き〜台東区浅草)

世の中には、どこまでも新しいことに挑戦し続ける人が在る。
続けるってことはそう簡単に出来ることじゃない。
だから素晴らしい。
そしてそういう彼らは得てして、
「新たな闘いに意味を求めるな、ただ面白そうだからやってみるまで」
そう思っているような気がする。
とことん楽しむ。
面白がればきっと知恵が出る。

そうだね。そうだな。

下町そぞろ歩き。
夜風が気持ち良い。

| 西ヶ谷源市/ニシガヤゲンイチ | そぞろ歩き 〜 源市散策記 | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
あめのぼん
(そぞろ歩き〜静岡県富士宮市上井出/沼津市青野)






盆。
雨。
富士は見えずとも、
深い緑に魅せられてそぞろ歩いた。



ひとはひとりで生きているんじゃないんだよ。
生かし生かされ、生き抜く。

さあ行きますか。


| 西ヶ谷源市/ニシガヤゲンイチ | そぞろ歩き 〜 源市散策記 | 00:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
東京が白く煙る


良く降るだ。


| 西ヶ谷源市/ニシガヤゲンイチ | そぞろ歩き 〜 源市散策記 | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 天気予報
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE