猫よ、君も見たか。

〜ニシガヤゲンイチ、かく語りき〜
<< 深呼吸。 | main | その沙汰は狂気と申すのかい。心は静かなものですが。 >>
朗々


雨が降ってきた。
陽が暮れたというのに蝉が鳴いている。
しかし蝉の姿は見つけられない。
いつもは車だらけの国道沿いに車がやけに少ない。
雨などおかまいなしの野良ねこと擦れ違った。
洗濯物しまったっけ。
窓締めてきたっけ。
眼鏡が曇る。
それで眼鏡をずっと掛けていたことに気付く。
歩きながら音楽を聴かないのはイヤホンの調子が悪いからではないんだ。
歩きスマホって何だ。
ぼくはスマホ持って無いんだ。
財布を忘れたけれど小銭があった。
それでいいや。
雨はこれから強くなるんだろうか。
傘などささなくていいほどの霧雨。
また野良ねこと擦れ違う。
濡れた手で眼鏡を外した。
外した方が視界良好じゃないの。
あ、バス停脇の街路樹に蝉。
しばらくじっと眺めていたんだけれども、
鳴くことはなかった。
蝉時雨かな。
 
| 西ヶ谷源市/ニシガヤゲンイチ | 日々云々 | 21:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:12 | - | - | pookmark |









http://nishi-gen.jugem.jp/trackback/1581
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 天気予報
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE