猫よ、君も見たか。

〜ニシガヤゲンイチ、かく語りき〜
<< 朗々 | main | 転がる石は丸いのだろうか。 >>
その沙汰は狂気と申すのかい。心は静かなものですが。


駅前でアコーディオン。
大体誰かに会える。
バッタリ人と会うのはいつでもドキドキするものだ。
夜風に吹かれ心は躍る。
僕の場合、心躍っていたとしても、端から見れば落ち着き払ってみえるらしい。
良いのか悪いのか。
空想妄想癖の強い奴ほど “何を考えているのかわからない度” が増すらしい。
“謎めいている” という言われ方は悪くはないと思っている。
まあいい。
あ、ジムモリソンがステージで銃声に撃たれる(というパフォーマンス)をする曲、
あれ何て曲だっけ?
それ演ってっていわれた。
タイトルが出てこずにもやもや。
こういう時には突然の雨。
いつもの事。
雨音には鍵盤がいいのだらう。
静かな夜だ。
 
| 西ヶ谷源市/ニシガヤゲンイチ | 日々云々 | 19:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 19:57 | - | - | pookmark |









http://nishi-gen.jugem.jp/trackback/1582
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 天気予報
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE