猫よ、君も見たか。

〜ニシガヤゲンイチ、かく語りき〜
<< 開カズノ踏切 | main | 半袖の十二月。 >>
師走の風。


どうにもならないとき。
そんな時には自分が変わるしかないのです。
自分に対する自分の態度を変える。
人に何とかしてもらおうとか、
他人を変えてやろうとかするから怒りや怯えが増していくのだと思います。
自分が変われば他人の態度や取り巻く環境が不思議と良くなっていく。
しかしそんなことわかっていても、
自分が変わるということほど難儀なことはないんだな。

だな。

 
| 西ヶ谷源市/ニシガヤゲンイチ | 日々云々 | 21:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 21:33 | - | - | pookmark |









http://nishi-gen.jugem.jp/trackback/1614
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ 天気予報
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE